受験数学の要約(1)

++

 

DSC00125

福岡空港;間近で航空機の発着が見られることでは全国有数でしょう。

 

国語に要約力が必須であるように、実は受験数学に要約力は非常に

訳に立ちます。この物事の真髄を見抜く力はどこでも養えます。

今回は数学Ⅰ分野から。格言ぽっく書いていますが、これがピーン

とくる方は受験数学で成功間違いなしです。

(1)因数分解

どの変数を主人公にするか、または,かたまりに注目しそれを主人公にするか、視点を変える訓練である。

(2) 二次関数

頂点が命。軸について対称であるので、それを利用して最大最小問題、交点の位置などを推測する。
”数式の世界で解きにくい問題もグラフの世界で解くとイメージ豊かに解ける”という頭脳のスィチング
(切り替え)能力が基本から鍛えられる。

(3) 三角比

中学校数学の三平方をsin,cos,tanで表現する一面、三角関数の単位円での拡張定義を駆使すると楽です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です