試験場で100%の実力を出すために (1)

201505291355
福岡市の街角風景;中心街天神のビルに囲まれた神社です。元旦は結構賑わいます。

試験場で100%の実力を出すために(1)

体を硬くしないことです。体が硬くなると、頭脳の働きが硬化するような気がします。

肩、手首の力をぬくために、肩を上下させたり、手首を振ったりして、緊張をほどきましょう。

一番、まずいのが、げんこつ握りで鉛筆を持つことです。

緊張するあまり、手首が内に曲がってしまい、手首が固定され、

その緊張が体全体に波及します。

正しい鉛筆の握り方をとは言いませんが、手首を伸ばして鉛筆をにぎるようにしましょう。

正しい鉛筆の握り方(参考)
http://tombow-ippo.jp/holding.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です